イベント案内

「第2回オンライン情報法セミナー 発信者情報開示制度改革の課題」

主 催
一般財団法人情報法制研究所(JILIS)
後 援
情報法制学会(ALIS)
次世代基盤政策研究所(NFI)
時 間
2020年9月15日(火)13:00 ~ 17:00
会 場
オンライン開催(Zoom Webinarにて配信)
参加費
無料
申 込
事前申込制:Peatixよりご登録
その他
Twitterハッシュタグはこちら #JILISOnline02
※9月18日追記:【講演記録動画(期間限定公開)】

インターネット、特にSNS上での誹謗中傷等の被害の深刻さが問題となっている。そうした中、総務省「発信者情報開示の在り方に関する研究会」が、「中間とりまとめ」を公表し、プロバイダ責任制限法の発信者情報開示制度の改革を打ち出した。本セミナーでは、これから制度の詳細を詰める段階が始まるに当たり、多角的な視点から検討を行う。

プログラム

 
司会:福島直央(情報法制研究所 事務局次長)

12:50

開場

13:00〜13:05

開会挨拶 (開催趣旨・経緯説明)
鈴木 正朝

13:05〜13:35

報告1「開示請求手続きに沿った現行発信者情報開示制度の法制度上の問題点の指摘」
壇 俊光(北尻総合法律事務所 弁護士)

13:35〜14:05

報告2「ISP事業者から見た発信者情報開示制度 実務と今後の課題」
野口 尚志(日本インターネットプロバイダー協会 理事)

休憩(14:05〜14:15)

14:15〜14:45

報告3「発信者情報開示を実現する『新たな裁判手続』」
町村 泰貴(成城大学法学部教授)

14:45〜15:15

報告4「インターネット上のヘイトスピーチ被害と求められる対策」
師岡 康子(弁護士)

15:15〜15:45

報告5「民間相談機関の現状の運用と今後の充実に向けて」
畠山 寛希(ヤフー株式会社 政策企画部 マネージャー 弁護士/一般社団法人セーファーインターネット協会 事務局主幹)

休憩(15:45〜15:55)

15:55〜16:55

パネルディスカッション・質疑応答
司会:町村 泰貴
・壇 俊光
・野口 尚志
・畠山 寛希
・師岡 康子

16:55~17:00

閉会

※やむをえない事情により開催中止の可能性がある場合には、開会2時間前までに、開催・中止・延期、開催時間変更のいずれの判断をし、JILIS ホームページ上で告知いたします。

取材、そのほかお問い合わせ先

jilis@jilis.org (一般財団法人情報法制研究所 事務局)